日本と外国のデザインのちがい

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

 

 

ヨーロッパと日本のデザインの大きなちがいは、文化、習慣、言語、歴史、宗教色々あります。

出版でのデザイン本では、はっきりわかります。

アクセサリーの本を何年かとっていた時、気づきましたが、2〜3ケ月で1回の本で1年間見てゆきますと、次回のデザイン予測がつくのは、ヨーロッパのほうです。

ヨーロッパのデザインには、連続性があるのです。

日本のは、連続性がないので予測がつかない難しさがあります。

日本の四季のせいか、デザインがあちこち飛びます。

逆に日本人は、ヨーロッパのデザインに弱いので、ヨーロッパの本を1年間とり、デザインを先取りして作れば、日本でもバカ売れするかもしれません。

 
 
 
 
 
 
 

 

お気軽にお問合せ下さい!

ご相談やご依頼のお電話はこちらから

03-3611-7587

ご相談やご依頼のお問合せフォームはこちらから

お問合せフォームへ

 

 

 

 

お気軽にお問合せ下さい!


ご相談やご依頼のお電話はこちらから

03-3611-7587

ご相談やご依頼のお問合せフォームはこちらから

お問合せフォームへ

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

▲TOPへ戻る